ヒッチキャリア
世の中には多くの商品が存在し、装着出来れば何でも使えるかのような所品も存在する。
でも物理的にあり得ないことも当然存在する。

近年とても多いのが、小型車や軽自動車でのヒッチマウントキャリア使用の相談。

「ダウンサイジング化で、アルファードからNBOXに乗り換えました。
4人乗ると荷物が載らないので、後に荷物を載せたい」

「パッソで強度はそこそこで良いので、後に200kg位のモトクロスバイクを積みたい。
牽引強度400kgより小さい云々・・・」

いずれも無理です。

まず、ヒッチマウントキャリアというのは、基本的に大型SUVなど車体の強度
の高い車両、ロードクリアランスを確保出来る車高の高い車両で使う物です。



腕を伸ばして10kgを持つのと、腕を縮めて10kgを持つのと、かかる力が
大きく違うように、車両の後方へ大きく伸ばしたアームに荷物を載せるのは、車
体の強度がとても重要で、キャリア自体やヒッチメンバー自体の強度があっても
無理なのです。
具体的には、車体の後部が曲がり、下がってきて、テイルゲートが締まりにくく
なるなどが起こると思います。
また上記の小型車のように車高の低い車両で、後方に延長した部分に荷物を積めば、
キャリアが地面に接触するような事が起こり、まともに道路を走れないでしょう。
それに固い地面に何度もぶつければ、変形するのは当たり前。
電柱にバックで思いっきりぶつかって、ヒッチメンバーも車体も損傷が無い訳が無いでしょう。

「米国製のこのキャリアをステップワゴンで使いたい」


サイトに表示の画像見て下さい。
アメリカンフルサイズピックアップトラックです。

車体の強度も積載能力も全く違います。

ハマーやジープが登っていく坂や段差を、ワゴンRがクリア出来ると思っていますか?
トラックに積める重量を、ハスラーに積めますか?

車両には、それぞれの用途や能力があります。

ルーフに積むのも万能ではありません。
FRPカートップボートを積んで、ルーフが歪み左右のドアが閉まらなくなった話も良く聞く。

車体の強度が有れば物理的にこう言うことも可能ですけど。


http://fukushin-ind.com/





拍手[4回]

【2019/01/10 08:55 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>